保安教育の概要について


第1種製造者は、保安教育計画定め忠実に実行しなければなりません。(高圧ガス保安法第27条)・第2製造者は、その従業者に保安教育を施さなければなりません。


保安教育計画書では、事業所の教育実施責任者を定めて次の項目により保安教育を実施します。

1教育対象者

・当該事業所の製造施設の保全、運転、防災等の管理に従事する幹部従業者及び現場従業者。
・当該事業所で作業をする協力会社の従業者


2 教育訓練の実施計画

・年間計画,月例計画等を作成し教育対象者別にその内容、方法、順序、人員、場所等

3 教育訓練の記録

・教育訓練に使用したテキスト及び資料並びに実施した教育訓練の内容を記録し次回計画の参考とする。


4 免状取得の奨励

・保安に関する技術の向上を計るため冷凍機械保安責任者の免状の取得を奨励しまたその機会を与える。


5 教育の方法及び時期

・社内教育------業務の一環として実施する。

・社外教育------地域で開催される防災訓練等には積極的に参加する。

・機会教育等----製造設備の増設するとき。

      ----製造の方法又は設備の変更をするとき。

      ----規程、規則等が変更されたとき。

      ----従業者の異動を行うとき。

      ----異常状態が発生したとき。

      ----危害予防規程又は規定類に違反した者があったとき。

      ----事故情報等を入手したとき。


6 冷媒ガスの教育

・設備の冷媒ガスの種類に応じてその特徴,性質等を教育する。


7 対象者別教育内容

・対象者別の教育内容は、対象者の担当業務,製造又謔闊オう高圧ガスの種類等に応じて、項目を明らかにして具体的に定める。
・幹部の教育
・現場従業者の教育訓練\
・未熟練従業者の教育訓練
・防災担当メの教育訓練


8協力会社従業者の教育訓練

・事業所の教育実施責任者は、協力会社の従業者の保安教育訓練につてい協力会社に対し協力する。


9 作成,制定及び変更の方法

・保安教育計画書は、当該幕ニ所の教育実施責任メが作成し、{設管理メが制定し変更の場合も同様とする。


10 経過の記録

・保安教育計画の制定及び変更の経過を明らかにするため制定、変更年月日及び内容を記録する。


保 安 教 育 実 施 記 録 書 の 例 (A4)

年度

年度 保安教育実施記録書

教育時間

 

実施場所

教育担当者

教育テーマ

参加者

教育の内容

事業所長

担当課長

担当者

保安責任者